2008年11月20日

第10話「再会」3

「あれに乗っている男のプレッシャーか?」

難易度★★★★

テンプテーションを強襲したモビルアーマーを新兵器「メガ・バズーカ・ランチャー」で狙撃しようとした際のクワトロ大尉のセリフ。

狙うだけでプレッシャーを感じるとは、どれだけのもんなんだ?という単純な疑問はさておき、この「Zガンダム」から頻繁に「プレッシャー」という単語が頻出します。

特にシロッコ関連でよく使われる単語ですので、使いこなせば結構楽しい会話のエスプリになるかと思います。物語中盤での「ムーン・アタック」でも

「あの男のプレッシャーか?」
と、シロッコを表現するシーンがありますので、クワトロ大尉をイメージするなら「プレッシャー」という単語を存分に使いましょう。

しかし、もう単純に使える名セリフといえば、この後に続く、

「姑息な!」

ではないでしょうか。

これなら、難易度★ぐらいで、誰もが使える名セリフだと思います。

メガ・バズーカ・ランチャーの一撃は結局外れてしまうのですが、その後の、

「外れたか!?」

これは汎用度の高いセリフと言ってよいでしょう。
パチンコでスーパーリーチが外れた時に唸ってもよし、宝くじで当選照会した時に嘆いてもよし、競馬でハナ差で取り損なっても使ってよし、どんな場面でも、悔しい気持ちを押し殺して使ってください。

クワトロ大尉を代表する名セリフが続出した今回、このセリフは確実にマスターしてください。
人気ブログランキングへ

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート



posted by クワトロ大尉 at 22:21 | TrackBack(0) | 機動戦士Zガンダム TV版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月19日

第10話「再会」2

「やってしまえば、できるものさ」

難易度★

前半のクワトロ大尉の1,2位を争う名セリフ。

ヘンケン艦長との会話のひとコマなのですが、私個人的には、その前のセリフ、

「それは無理な注文だ。キャプテン。」
「腹いっぱいにモビルスーツを乗せた船にはできない相談だ」というセリフも結構好きですね。

「私は士気の問題を言っている。グラナダの連中とはジャブロー侵攻作戦などできない」というヘンケン艦長のセリフもいいですね。
このあたりの二人の会話は、いい大人の会話ですね。が、ヘンケン艦長は上官なのにクワトロ大尉とサシで会話しているところが二人の成熟した関係を表現していると思います。

「それは無理な注文だ。キャプテン」は汎用度の高いセリフなので、クワトロ大尉になりたければしっかり抑えましょう(^^)
この名セリフを仕事でバンバン使われる部下を持った日には最悪ですが・・・

人気ブログランキングへ
posted by クワトロ大尉 at 22:34 | TrackBack(0) | 機動戦士Zガンダム TV版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

第10話「再会」1

「我々は核もガスも使わない」

難易度★★★★

当時のテレビ作品では先進的だったのが、地球の環境問題に切り込んでいる点でしょうか。
エマ中尉がジャブロー侵攻作戦のデメリットを懸念する理由として、地球上での軍事行動は地球の自然環境に与えるダメージが大きい点をあげているのですが、本来ならクワトロ大尉が懸念を解くという図式があってしかるべきですが、彼は本心を明かそうとはしない。

「違うな」

ティターンズの拠点、グリプスを叩いた方がいいのでは、というエマ中尉の問いに対してのセリフ。

本心では「それができれば苦労はせんよ」というところでしょうか。

「しかし、ジオン共和国がティターンズと手を結ぶ可能性もある」

・・・・?エマ中尉にすれば「なんのこと?」になるのですが、その辺の情報を握っているクワトロ大尉ならでは、というところですが、自分を無理矢理納得させるために、これを持ち出すのは、エマ中尉に対して、というよりも、自分の世界に入ってしまっているようなクワトロ大尉です。


人気ブログランキングへ
posted by クワトロ大尉 at 22:38 | TrackBack(0) | 機動戦士Zガンダム TV版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

第9話「新しい絆」2

「目立つ色になったから気を付けろ」

難易度★★★

新型モビルスーツ百式のデビューですが、ロベルト中尉とアポリー中尉との会話のひとコマ。
目立つ色なんて表現ではないほどのド派手なカラーリングの百式ですが、
「味方に打たれないためには仕方がないですね」
「大尉のカラーは人気がありますからね」という両中尉のセリフからは、赤のカラーリングはモビルスーツパイロットの間では人気が高かったようですね。
Zガンダムは様々なモビルスーツが登場しましたが、デザインの整合性はともかく、色の統一感がなかったのは残念でした。
赤を粗製乱造したのは失敗でしたね。やはりガンダムでは赤のカラーリングは特別な意味合いを持つ色として、特別扱いをして欲しかったというのは「赤い彗星」の一ファンとしての希望でした。


「カミーユがもそもそしているからさ」

赤い彗星のシャアが「もそもそ」なんて言葉を使うこと自体驚きでしたが、今作のシャアは結構人間味のあるセリフが多かったですね。
人気ブログランキングへ
posted by クワトロ大尉 at 21:50 | TrackBack(0) | 機動戦士Zガンダム TV版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

第9話「新しい絆」1

「軍隊って言うのはああいうものだ」

難易度★★
ウォンさんにぶん殴られて、見て見ぬふりをしたエマ中尉やクワトロ大尉をなじるカミーユに対して、クワトロ大尉が言い放った一言。

軍人と言うよりも青年将校だったシャアがこれを言うと妙に説得力がありますね。
これが似合うのは本来ヘンケン艦長らの年季とキャリアの入ったキャラクターが言うべきなんでしょうが、ブライトキャプテンも似合いそうですね。

「会社って言うのはこういうものだ」とさりげなく言い換えるのも一つの手でしょう。汎用度の高い名言ですね。

「アーガマでは君に甘すぎた。反省をしている」

これも会社人間なら言い換えるのは簡単でしょうね。しかし、これを率直に言われるとカチンとくる気持ちも解らないでもないですが。

「支度を急げ!」

理屈ばかりを言って動こうとしない部下を一喝する時に使えますね。
使われた方はたまりませんが・・・・

人気ブログランキングへ
posted by クワトロ大尉 at 21:16 | TrackBack(0) | 機動戦士Zガンダム TV版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。