2008年11月20日

第10話「再会」3

「あれに乗っている男のプレッシャーか?」

難易度★★★★

テンプテーションを強襲したモビルアーマーを新兵器「メガ・バズーカ・ランチャー」で狙撃しようとした際のクワトロ大尉のセリフ。

狙うだけでプレッシャーを感じるとは、どれだけのもんなんだ?という単純な疑問はさておき、この「Zガンダム」から頻繁に「プレッシャー」という単語が頻出します。

特にシロッコ関連でよく使われる単語ですので、使いこなせば結構楽しい会話のエスプリになるかと思います。物語中盤での「ムーン・アタック」でも

「あの男のプレッシャーか?」
と、シロッコを表現するシーンがありますので、クワトロ大尉をイメージするなら「プレッシャー」という単語を存分に使いましょう。

しかし、もう単純に使える名セリフといえば、この後に続く、

「姑息な!」

ではないでしょうか。

これなら、難易度★ぐらいで、誰もが使える名セリフだと思います。

メガ・バズーカ・ランチャーの一撃は結局外れてしまうのですが、その後の、

「外れたか!?」

これは汎用度の高いセリフと言ってよいでしょう。
パチンコでスーパーリーチが外れた時に唸ってもよし、宝くじで当選照会した時に嘆いてもよし、競馬でハナ差で取り損なっても使ってよし、どんな場面でも、悔しい気持ちを押し殺して使ってください。

クワトロ大尉を代表する名セリフが続出した今回、このセリフは確実にマスターしてください。
人気ブログランキングへ

SOHO・起業家を成功に導く電子書籍販売ツールを提供・・インフォカート



posted by クワトロ大尉 at 22:21 | TrackBack(0) | 機動戦士Zガンダム TV版 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。